パリコレクションの最中、

なんだか今期(SPRING 2013)はなかなか今の自分に”ツボ”です。

女性の優雅さというか、一言でいえばまさに「エレガントさ」(同じか、、、)を

洋服自体が求めているというか、自分が求めているというか・・・・(笑)

神髄を求められている様な流れになってきているのだと思う。

世界レベルで考えると、若干精神年齢が幼い日本人には中々ハードルが高いけれど、

本来秘めている「美しさ」に従えば、容易に移り変わっていく自分に気付くはず、きっと!

今期、Givenchyも良いのだけどValentinoがなんといっても素晴らしく思う。

「うつくしいもの」という”言葉”そのものを表現しているかのようですね。

LIVE映像はコチラから。

PS:モデルの選定も良かったと思います。選曲も!