トランプ政権下で米国の介入主義時代は終りを告げてほしい。

 

ヒラリー・クリントンが勝っていれば危険だったと思います。

彼女は本来の意味でのリベラルではないのです。米国による新世界秩序を欲し、

そのためには他国の体制を変えるのがよいと信じているのでは。。

ロシアを敵視し、非常に攻撃的。

 

彼女が大統領になっていたら世界中で戦争や爆撃が増え、軍事費の浪費に陥っていただろうと思う。

第3次大戦の可能性さえあったと考えます。

世界的見解としてみても米国はこうした政策を変える必要があります。

 

トランプ氏はアメリカ・ファースト(米国第一主義)を掲げ、他国の悪を叩きに行こうなどとは一言も言っていない。

ということは妙なことではありますが、この結果、政策を変えるべきだと考える人たちに近くなっています。

(主要都市のヤッピーとは相違あるのでしょうが、、、)

 

米軍を撤退させて介入主義が弱まり、自国経済を機能させてインフラを改善させるなら、

とてもすばらしいことです。