徳山商工VS誠英

残り0.9秒で 63対63 、誠英がフリースローで逆転するが、

その後、徳山商工がブザービートのスリーポイントで再逆転。

 

インターハイ出場をかけた決勝での出来事。